日経スマートクリップ for Salesforce Chatter

0120-216-216受付時間 9:00~19:00(土・日・祝日除く)

お問い合わせ

無料トライアル

Salesforceに
日経の最新ニュースを。

業務直結の必読最新記事をChatterにフィード

業界の動向や課題、商品のトレンド、企業トップのインタビュー、M&A、組織改正や人事異動――。
必読の新聞報道を、毎日自動でSalesforce Chatter(社内SNS機能)に配信。迅速な情報共有が実現でき、Salesforceの情報武装力強化にお役立ていただけます。

Salesforceに日経の最新ニュースを。

0120-216-216受付時間 9:00~19:00(土・日・祝日除く)

お問い合わせ・資料請求

無料トライアル申し込み

日経ならではの信頼できる情報を、すばやく収集・共有・最短時間で分析。
日経スマートクリップの導入により、生産性向上や効率化を実現させた企業の事例をご紹介します。

日経スマートクリップ
for Salesforce Chatterの特長

専用アプリをSalesforceにインストール、あとは簡単な設定で導入できます。
Chatterによる情報共有強化を、ニュース配信でサポートします。

簡単設定で自動フィード

簡単設定で自動フィード

キーワードとスケジュールを設定するだけで、あとは自動でタイムラインに記事が毎日配信されます。1人1人が配信テーマを自由に選ぶこともできます。
記事は全て利用許諾済、著作権上の心配もありません。

Chatterの利用活性化

Chatterの利用活性化

自動的にフィードされた記事へ気軽にコメント、伝えたい人とのシェア。「ニュースを起点としたコミュニケーション」を活発にすることで、Chatterを社内情報/社外情報の流通プラットフォームに育てることができます。

機能紹介

業務に役立つ最新ニュースを自動的に”つぶやく”仕組みが簡単に構築できます。
メンバーはタイムライン上で最新の記事をチェックして、重要な記事にはコメントすることができます。

日経朝夕刊と専門紙がソース

日経朝夕刊と専門紙がソース

日経朝夕刊だけでなく、日経産業新聞、日経MJといった専門紙も網羅しています。業務に直結する日経の最新ニュースを逃さず、漏らさずチェックできます。

キーワード&スケジュール

キーワード&スケジュール

キーワードを指定してテーマ別に記事クリッピングを多数作成できます。営業部門向けには朝一で、広報部門向けには朝夕2回といったように、テーマ別にきめ細かなスケジュール設定もできます。

1人1人がテーマを選択

1人1人がテーマを選択

設定した記事クリッピングの中から、自分にとって必要なテーマを1人1人が選択。選んだものが自分のタイムラインにフィードされます。

利用者間で記事をシェア

利用者間で記事をシェア

フィードされた記事は、Chatterの共有機能を使えば個別にほかの人のタイムラインに流すことができます。「この記事をみんなに知らせたい!」が簡単操作で実現します。

ご利用料金

利用者数に応じた完全定額
20人 月額 83,000円(税別)~

※ 利用者数に応じた料金テーブルをご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

ご利用になるには

所定の販売代理店と日経スマートクリップ゚ for Salesforce Chatterを
ご契約の上、ご利用いただけます。

お問い合わせ頂いた後に、お客様を担当する販売代理店からご連絡を差し上げます。
デモ、無料トライアルなどご用意しておりますので、下記AppExchange、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

salesforce appexchange

デモ・トライアルをご希望の方はこちら

無料トライアル申し込み

まずはサービスや導入事例、
使い方について詳しく知りたい方はこちら

お問い合わせ・資料請求

お電話によるお問い合わせ

0120-216-216

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝日除く)