0120-216-216

受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

主な機能main function

記事の配信内容を管理する機能はもちろん、社内ポータルやモバイル、メール配信など、
記事を届ける部分の管理機能も充実しています。

利用者向け機能

  • キーワードで最新記事をクリッピング

    設定されたキーワードにヒットした最新記事を毎日配信します。重要な記事を社内でスピーディーに共有することができます。また、管理者が複数のテーマを設定することで、部署ごとに異なるキーワードでのニュース配信が可能です。

  • 新聞記事クリッピングを毎朝自動配信

    設定したキーワードを含む新聞記事が、毎朝自動で配信されます。配信先はPCの専用画面だけでなくスマートフォンアプリやメールでも配信、スピーディーな記事共有ができます。

  • 記事原文をPDFで閲覧

    記事原文は紙面に掲載された見出しや写真・図表がついた 「切り抜きイメージ」PDFで閲覧できます。コピーや紙の出力が不要となり、ペーパレス化を実現します。

  • 閲覧ランキング/人気記事

    社内でよく見られた記事を自動集計し、ランキングや人気記事を共有できます。他の人たちがどういった記事に注目しているのかがわかり、会社において重要な記事の読み逃しを防ぐことができます。

  • 重要記事の保存、印刷

    「これは使える!」と思った記事は、一人ひとりが自由に保存しておき、後からいつでも読み返すことができます。保存した記事の切り抜きイメージPDFをまとめて印刷することもできます。

  • 社内システムへの組み込み

    記事クリッピングや閲覧ランキングをWebパーツとして簡単に組み込めます。日々更新される重要なニュースを社内ポータルサイトやグループウェアに掲載することで、サイト利用の定着や活性化に貢献します。SFA/CRMなど業務システムと連携するケースも増えています。

  • モバイルも、メールでも

    PCだけでなくスマートフォンやタブレットなどデバイスを問わずクリッピング記事を配信できます。クリッピングテーマごとにメール配信先を細かく設定することができ、場所や時間を問わずスピーディーできめ細かな記事共有ができます。

管理者向け機能

配信記事テーマ設定 記事クリッピングの検索条件(キーワードやコマンド、タグなど)を指定します。条件は多数作成でき、それぞれに名称をつけることができるため、「○○業界」「○○の新商品」など、配信テーマごとにわかりやすく管理することができます。
配信記事のお勧め設定 特に重要な記事には、マークやコメントを付けて強調、補足することができます。
個別記事のピックアップ配信 特定の記事を個別にピックアップし、独立したテーマで配信することができます。追加で対象記事を増やす場合や、特に重要な記事の再配信などで活用されています。
配信記事の個別除外設定 自動でピックアップされた記事について、個別に配信対象から除外することができます。内容が重複している記事の除外や、配信内容の精査などで活用されています。
利用状況把握 記事クリッピングの利用状況を確認することができます。テーマごとの人気や、部門ごとの利用状況など、利用状況の把握と改善に活用されています。
閲覧権限の設定 部門ごとに閲覧テーマの範囲や閲覧記事の範囲を設定したり、アクセス元を社内からに限定するなど、ご利用要件に応じて権限設定することができます。
配信記事の画面組み込み、
システム連携
記事クリッピングや閲覧ランキングをWebパーツとして社内ポータルサイトやグループウェアに組み込むことができます。SFA/CRMなど業務システムとAPI連携するようなカスタマイズも可能です。

※ 商品によって機能が異なります。詳しくはお問い合わせください。