0120-930-096

受付時間 9:30~17:30 (土・日・祝日除く)

帝人ファーマ株式会社様

業務テーマに最適化された記事が毎朝手元へ
新しい発想につながる情報を見逃さない

導入サービス:日経スマートクリップoffice

帝人グループのヘルスケア事業領域を担当する帝人ファーマ株式会社様は、「医薬品事業」と「在宅医療事業」という2つの事業をもつ業界の個性派だ。その中で「在宅医療開発推進部」は、これからの医療を支える新たな機器の開発、導入をミッションとする重要部署。必要な情報を効率的に入手し、ヘルスケアビジネスの動向を把握するため、2016年7月に日経スマートクリップの導入を決めた。

企業プロフィール

会社名 帝人ファーマ株式会社
本社所在地 東京都千代田区霞が関3-2-1
設立 2002年4月15日
従業員数 2,025名(2017年3月末日現在)
主な事業内容 医薬品・医療機器の研究開発、製造、販売
【主要製品・サービス】
骨・関節領域(骨粗鬆症治療剤、超音波骨折治療器他)
呼吸器領域(去痰剤、HOT用酸素濃縮装置他)
呼吸器領域/代謝・循環器領域(CPAP療法装置他)
URL http://www.teijin-pharma.co.jp/

導入のきっかけ

与えられたミッションの下、必要な情報を部内で共有したい

帝人ファーマ株式会社

在宅医療企画技術部門

在宅医療開発推進部 担当課長

結城 諭氏

帝人ファーマ株式会社様は、「医薬品事業」と「在宅医療事業」という2事業のシナジー効果を「骨・関節」「呼吸器」「代謝・循環器」の3領域で発揮してきた。 また在宅医療事業においては、治療のほかに予防から介護まで製品の幅を広げていきたいと考えている。

そのような流れを受けて、在宅医療開発推進部では企画開発部門として、担当領域に新たな付加価値を与えることが重要なミッションとなっている。実現のためのアイディアが出せるかどうかは、広い守備範囲の中から関係性の高い情報をいかに効率的に、リアルタイムにキャッチアップできるかどうかにかかっているという。

そこで部内の情報の収集、共有システムとして2016年7月より導入されたのが日経スマートクリップだ。 あらかじめ設定したキーワードにヒットする最新記事が部員に向けて毎朝メールで配信されるようにした。配信されたメールには記事へのリンクが記載されており、クリックすることでWebブラウザで記事内容を確認することができる。

まとめ

  • 幅広い業務範囲の中で、関係性の高い情報を効率的にリアルタイムに収集したいと考えていた

活用方法

キーワードを取捨選択し、業務に最適化された記事を配信

日経スマートクリップの利用にあたって、「在宅医療開発推進部」が重視したのは、情報の収集と共有をより確実なものにすることだった。部内ではチームごとに分かれて仕事を行い、その中でさらにプロジェクトや個人の担当が細分化されている。しかし、新サービスへの発想を得るためには、それぞれの守備範囲より広く、偏り無くアンテナを張ってヒントを集め、他者と共有する必要がある。また、ヘルスケア領域には新たなプレイヤーが次々に登場するため、定期的な情報収集は欠かせない。

現在、キーワードは病名や医療機器からヘルスケア、通信、医療制度など幅広く設定され、媒体は日本経済新聞、日経産業新聞など7紙を網羅する。利用開始時こそ毎日100本近い記事が配信されていたが、その後アンケートやヒヤリングを重ね、設定キーワードを取捨選択して部員のニーズに最適化。現在は日々ニーズに合った記事が平均20~30本配信され、質量ともに把握できる適切なものになってきたという。

配信された記事は、会社のパソコンでチェックする場合と、出張中などはモバイル端末を用いてチェックする場合とがある。 部員は記事タイトルの中から重要なものをピックアップし、記事の内容は紙面を切り抜いたイメージのPDF形式で閲覧する。必要なものはその場で保存しているという。重要な情報を見逃すことがなくなり、後で記事を探すという非効率な作業もなくなった。

まとめ

  • 個人では集めきれない情報を代わりに収集してくれる
  • 偏りのない情報に触れることにより、アイディアのヒントが得られる

その他の活用事例

  • 日本生命保険相互会社様

    必要な記事漏らさず
    社員の意識も向上

    社内で共有したい新聞記事について著作権法を順守しながらクリッピングし、複数社員のパソコンに一斉送信するために「日経スマートクリップ」を導入した日本生命保険様...

  • 三井物産株式会社様

    深堀りされた記事をいち早くキャッチ
    専門分野の共通理解が深まり情報共有の強化へ

    世界各国で事業を展開し、安全・安心な食料を世界に届け続ける三井物産株式会社様の食料部門。 事業領域は非常に広く、質・量ともに多くの情報の取得が求められる中、...

  • 九州通信ネットワーク株式会社(QTNet)様

    社内ポータルサイトの刷新に寄与
    情報収集の効率化とワークスタイル改革に

    個人向けの光インターネット回線およびプロバイダーである「BBIQ」や法人向けネットワーク&ソリューションサービスブランドの「QT PRO」を展開している九州通信ネット...

  • YKK AP株式会社様

    社員の情報共有を活性化し
    ブランド力や営業力を大きく向上

    社内の情報共有の活性化によるブランド力の向上を目的に、社員向けポータルサイトを導入したYKK AP様。そのキラーコンテンツとして、採用したのが日経テレコンの...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存