マイフォルダを利用する

[マイフォルダ]を利用して記事を管理します。

メモ
大切な情報は自分専用のフォルダで管理
マイフォルダには、日経各紙の記事を保存する機能と、最新の記事を自動的に検索したり、記事検索・企業検索・人事検索の検索条件を保存するクリッピング機能があります。



[マイフォルダ]画面
マイフォルダのアイコン機能
フォルダフォルダフォルダを作成して、クリッピングを管理します。100個まで作成できます。
(フォルダの作成についてはこちら
記事を保存記事を保存日経各紙の記事を合計500記事まで保存できます。
(記事の保存についてはこちら
記事クリッピング記事クリッピング最新記事を自動的に検索します。200件まで登録できます。(記事クリッピングについてはこちら
クリップメール クリップメール記事クリッピングのうち、5つまで検索結果をメールで配信します。(クリップメールについてはこちら
企業クリッピング企業クリッピング企業検索の検索条件を保存します。200件まで登録できます。(企業クリッピングについてはこちら
人事クリッピング人事クリッピング人事検索の検索条件を保存します。200件まで登録できます。(人事クリッピングについてはこちら

1記事の保存

日経各紙の記事を保存する機能です。保存された記事本文は、その後何度でも無料で閲覧できます。

1.1 記事を保存する

1本文の右上に表示される「A」の記事を保存をクリックし、「B」で保存先を選択して、保存をクリックします。
記事が保存されます。
「C」で日経各紙の見出しにあるフォルダーアイコンをマイフォルダにドラッグして、記事を保存することもできます。

[マイフォルダ]画面

1.2 保存した記事を表示する

1

「A」のマイフォルダから[保存した記事]をクリックします。
見出しが表示されます。
フォルダに記事を保存した場合は、目的のフォルダをクリックします。(フォルダの作成についてはこちら


[マイフォルダ]画面
2

見出しを選択します。
本文が表示されます。
複数の本文を表示する場合は、見出し左側の「□」にチェックを入れ、本文表示をクリックします。
保存した記事本文の閲覧に料金はかかりませんが、PDFを閲覧した場合は、PDFの料金が発生します。

¥PDF

↑このページの先頭に戻る

2記事クリッピング

定期的に情報収集したいテーマがある場合、クリッピングを作成しておくと、次回以降の検索をクリックだけで行うことができます。

2.1 クリッピングを作成する

1マイフォルダで「A」のクリッピング作成をクリックし、「B」でキーワードまたは検索式を入力し、期間・媒体を指定します。(検索式を使った検索についてはこちら
クリッピング対象媒体を選択/解除にチェックを入れると、最新記事を自動的に検索できる媒体のみにチェックが入ります。新着記事があった時にメールで通知できる媒体にはメールアイコンマークが表示されます。
2「C」のこの条件でクリッピングを設定をクリックします。
ログイン時に、このクリッピングの新着記事一覧を表示にチェックを入れると、[ホーム]画面にクリッピングの新着記事一覧を表示できます。

[クリッピング]画面
設定完了のメッセージが表示されます。登録名を変更したり、フォルダへ振り分ける場合は、登録名称・フォルダの変更をクリックします。(メール配信設定についてはこちら
3設定したクリッピングを開くにチェックを入れ、メッセージを閉じます。
クリッピング結果が表示されます。

2.2 クリッピングを利用する

1マイフォルダから、登録テーマをクリックします。
[マイフォルダ]画面

フォルダに登録した場合は、目的のフォルダをクリックします。
2クリッピング結果が表示されます。
クリッピング結果
項目項目名項目説明
Aこのキーワードで記事検索する記事検索画面へのリンクと、記事検索メニューでヒットした件数が表示されます。リンクをクリックすると、登録した検索条件で記事を検索します。
B見出し一覧下記メニューでヒットした記事の見出しが表示されます。
  • ●「きょうの新聞」メニューすべての媒体
  • ●「最新の雑誌」メニューすべての媒体
  • ● 「ニュース」メニュー、「記事検索」メニューの一部の媒体

↑このページの先頭に戻る

3クリップメール

「ニュース」「きょうの新聞」「最新の雑誌」「記事検索」メニューから、クリッピングした結果を電子メールで配信する無料のサービスです。

3.1 クリップメールを設定する

1クリッピング作成後に表示される設定完了のメッセージ画面で、「A」のメール配信設定をクリックします。
[メール配信設定]画面が表示されます。(クリッピングの作成についてはこちら
2「B」で受け取るを選択し、「C」で受信先メールアドレスを指定します。
(アドレス登録についてはこちら
3「D」でその他の条件を設定し、「E」で上記の内容で登録をクリックします。


[メール配信設定]画面
※携帯(フィーチャーフォン)サイトは2017年6月30日をもって終了しました。
「携帯メールアドレスでも受け取る」にチェックが入っていても、携帯向けクリップメールは配信されません。

3.2 クリップメールを利用する

1受信したメールを確認します。
クリップメールには、「A」に記事クリッピング見出し一覧へのリンクと、クリッピングした記事本文へのリンクが記載されています。
2「A」で確認したい記事のリンクをクリックします。
[見出し一覧]画面や[本文表示]画面へジャンプします。¥本文


[クリップメール]画面

クリップメールの送信スケジュール

媒体をまとめて朝夕2回(8時と16時一日2回)配信します。

下記メニューのコンテンツは、媒体ごとに更新の都度、配信することが可能です。

  • ・「きょうの新聞」の日経各紙、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、静岡新聞、日刊工業新聞、FujiSankei Business i.、日刊自動車新聞、鉄鋼新聞、日刊産業新聞、電気新聞、薬事日報

    ※日経各紙は朝刊・夕刊の更新時にそれぞれ配信、朝日新聞・毎日新聞・産経新聞・静岡新聞は朝刊更新時に前日の夕刊と当日朝刊を配信します。
    ※毎日新聞の一部は、朝夕2回(8時と16時一日2回)のみ配信します。

    • ・「最新の雑誌」のすべての媒体
    • ・「ニュース」の日経WHO'S WHO人事異動情報
メモ
英文クリップメール
日本語で登録された検索キーワードに対して、Archive Searchに収録している「The Straits Times」 「The Business Times」「New Straits Times」「Business Times Malaysia」の参考訳を検索し、クリップメールの通常の日本語見出しと併せて英文見出しも配信します。
(Archive Searchについてはこちら
英文クリップメール


初期設定では「配信する」となっています。
設定を変更する場合はメール関連設定から行います。
(メール関連設定についてはこちら

メモ
クリップメールを複数のメールアドレスで受信したい場合
1つのクリッピングテーマに対して、クリップメールは1メールアドレスしか設定できません。複数のメールアドレスで受信したい場合は、同一条件のクリッピングテーマを必要アドレス分作成し、フォルダごとに受信先メールアドレスをひとつずつ設定します。
FAQ
本文を表示できない場合
ログイン画面でユーザーID/パスワードを保存していないと、
クリップメール内のURLをクリックしても本文を表示する
ことができません。ログイン画面でID/パスワードを入力後、
[保存する]にチェックを入れてください。

↑このページの先頭に戻る

4フォルダの作成

フォルダを作成して、テーマごとに記事を保存したり、クリッピングを管理することができます。

1マイフォルダで「A」の編集をクリックし、「B」のフォルダ作成をクリックします。
[フォルダ名の設定、変更]画面が表示されます。
2「C」でフォルダの名前を入力し、保存をクリックします。

[フォルダの作成]画面
メモ
マイフォルダの編集・削除
クリッピングテーマなどの条件変更や削除などは、マイフォルダの編集をクリックして、表示される画面から行います。
[マイフォルダ]画面

フォルダやクリッピングの名前の上で右クリックして、表示されるコンテキストメニューから編集や削除などを行うこともできます。

メモ
クリッピング
クリッピングは、記事検索・企業検索・人事検索メニューからも設定できます。

[記事検索]画面

↑このページの先頭に戻る