設定・ヘルプを利用する

[設定・ヘルプ]画面を利用して各種設定や料金確認を行います。

1設定

1.1画面表示の設定を変更する

見出し表示や本文表示などの画面表示を、ユーザーIDごとに設定できます。

1 「A」の設定・ヘルプで設定を選択し、サブメニューで[画面表示]を選択します。
[画面表示]画面が表示されます。
2「B」で各条件を設定し、画面下部で保存をクリックします。
[画面表示]画面

[設定]画面の項目説明はこちら

1.2パスワードを変更する

日経テレコンにログインする際に、ユーザーIDとパスワードの入力が必要です。ユーザーIDと初期パスワードは、ご契約の際に日本経済新聞社が発行します。パスワードは自由に変更できます。

1 「A」の設定・ヘルプで設定を選択し、サブメニューで[パスワードの変更]を選択します。
[パスワードの変更]画面が表示されます。
2「B」で、現在のパスワード、新しいパスワード、確認用の新しいパスワードを入力します。
3「B」で、保存をクリックします。
[ログイン]画面の[保存する]にチェックを入れている場合、保存されているのは古いパスワードです。
必ず、新しいパスワードを入力しなおしてから、ログインしてください。(ログインについてはこちら
[パスワードの変更]画面
メモ
パスワードに使える文字
パスワードは英字で始まる5文字以上17文字以下の半角英数記号です。大文字、小文字は混在できます。シングルクォート(‘)ダブルクォート(“)円記号(¥)は使用できません。
メモ
パスワードの付け方
ご自身やご家族の名前、英単語など簡単に類推できる文字列はパスワードに向いていません。一方でランダムな文字列は覚えるのが困難です。類推が難しく、しかも覚えやすいパスワードを作るために、次のような考え方を参考にしてください。
例)名前が「hiroshi」の場合:hiro24shi hi!roshi hiros&hi
仮にご自身の名前であっても、途中に数字や記号を挟むだけで、類推は格段に困難になります。
FAQ
パスワードを紛失した場合
セキュリティの管理上、ご契約の販売代理店(プロバイダ経由でご契約の場合はプロバイダ)でのみ照会を受け付けております。ご契約先の代理店までお問い合わせください。連絡先は、請求書等でご確認いただけます。

1.3メールに関する設定を行う

クリップメールやお知らせメールの配信など、メール関連サービスを設定できます。
(クリップメールについてはこちら


※携帯(フィーチャーフォン)サイトは2017年6月30日をもって終了しました。 「携帯メールアドレス」にアドレスを登録していても、携帯向けメールサービスは配信されません。

1 「A」の設定・ヘルプで設定を選択し、サブメニューで[メール関連設定]を選択します。
[メール関連設定]画面が表示されます。
2「B」でクリップメールの送信先のメールアドレスを設定し、保存をクリックします。
新規の記事クリッピングの登録や、すでに登録している記事クリッピングのクリップメールの設定、クリッピングの条件を変更できます。(記事クリッピングの登録についてはこちら)
「D」で、英文クリップメールの配信設定の変更ができます。
メモ
お知らせメールを設定する
お知らせメールは、日経テレコンの新メニューや機能のご紹介、セミナーなどをご案内するメールマガジンです。「C」の[お知らせメール配信]でメール設定を選択すると、[お知らせメール登録画面]が表示されます。 登録が完了すると、入力したメールアドレスに、登録完了のメッセージが送信されます。 配信を停止する場合は、お知らせメール末尾のURLから手続きを行います。
[メール関連設定]画面
メモ
格付変更通知メール
格付変更通知メールは、企業検索メニューで提供している「金融工学研究所企業リスク情報」「AGS企業リスク格付」「リスクモンスター企業リスク格付」の3コンテンツで、登録した企業の格付が変更されたことをメールでお知らせする機能です。設定している場合、「A」から、送信先のメールアドレスの変更など設定変更ができます。
メモ
業界ニュースメール
業界ニュースメールは、業界ニュースメニューの「最新のトピックス」に掲載される記事見出しを、毎朝業界ごとに指定したアドレスへ配信する機能です。設定している場合、「A」から、送信先のメールアドレスの変更など設定変更ができます。

↑このページの先頭に戻る

2料金確認

直前までの利用状況の確認や、各メニューの料金表を表示します。

2.1ご利用状況を確認する

当月、前月、前々月の利用状況を確認することができます。

1 「A」の設定・ヘルプで料金確認を選択し、サブメニューで[ご利用状況]を選択します。
「B」に直前までのご利用状況が表示されます。
[ご利用状況]画面

[ご利用状況]画面の項目説明はこちら

2 「C」で表示するご利用月を切り替えて、「D」で詳細表示をクリックし、該当月に利用したコンテンツと日時を表示することもできます。
印刷する場合は、「E」の印刷をクリックします。
メモ
ご利用状況のダウンロード
「C」で前月、前々月を選択した場合に表示されるダウンロードをクリックすると、情報をCSV形式でダウンロードできます。

2.2料金表を表示する

日経テレコンの料金表を表示します。

1「A」の設定・ヘルプで料金確認を選択し、サブメニューで[料金表]を選択します。
「B」に料金表が表示されます。
[料金表]画面
メモ
消費税について
ご利用状況や料金表に表示されている金額は、消費税抜きの本体価格です。毎月のご請求は、「本体価格の合計」に「本体価格の合計から算出される消費税」を合わせた金額になります。

2.3チャージコードを利用する

ログイン時にチャージコードを利用すると、入力したチャージコードごとに料金を集計できます。

[チャージコード]画面

①ログイン画面のチャージコードも入力するをクリックします。
②ユーザーIDとパスワードを入力します。
③チャージコードを入力します。
ログインをクリックします。

メモ
チャージコード
半角・全角/英数記号・ひらがな・カタカナ・漢字での入力が半角で約40文字まで設定できます。
1IDにつき、設定できるチャージコード数の上限は50個です。

2.4チャージコードごとの利用状況を確認する

1 「A」の設定・ヘルプで料金確認を選択し、サブメニューで[ご利用状況]を選択します。
[ご利用状況]画面が表示されます。
2「B」でチャージコードを選択します。
チャージコードごとの利用状況が表示されます。
[ご利用状況]画面

2.5チャージコードを一覧で確認する

1 設定・ヘルプで料金確認を選択し、サブメニューで[チャージコード一覧]を選択します。
チャージコードの一覧と、利用料金の合計額が表示されます。
FAQ
請求書にはチャージコードは反映されず、合計金額が記載されます。
ご利用金額の内訳は、日経テレコンの画面上、もしくはダウンロードしたCSV形式でご確認ください。チャージコードを含めた利用状況をダウンロードする場合、任意のチャージコードを選択してからダウンロードをクリックすると、すべてのチャージコードを含んだ利用状況がダウンロードできます。

↑このページの先頭に戻る