日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-216-216受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

新規獲得

新規顧客や案件獲得を強化

新規顧客や商談案件の獲得を増やすには、情報収集の強化が必要です。日経テレコンは、ターゲット選定から訪問先理解、課題解決の提案まで、営業力をアップする豊富な情報を提供。商談期間の短縮や成約率向上に結びつきます。

見込み顧客の情報を収集

見込み顧客の情報を収集

新規見込み顧客への初回訪問前に、相手先の企業概要や訪問相手の情報を事前準備するのは常識です。ウェブサイトやSFAなどの社内システムから入手できますが、より詳細な情報を知ることで、相手の信頼を得られ、案件化率を高めることにつながります。

日経テレコンの企業情報は企業サイト以上に詳細なプロフィルや業績を収録。日経WHO‘S WHOはキーパーソンの経歴情報を検索できます。さらに記事検索で、顧客企業の最新ニュースや業界動向をチェックすれば、顧客の課題をより深く理解し、説得力ある営業提案が可能になります。

担当業界の動向をチェック

担当業界の動向をチェック

複数の業界を担当し、数多くの取引先や新規の引き合い案件を抱える営業部門では、担当業界の動向をウォッチする時間の余裕もないのが実情です。その結果、タイミングを逃し、成約率が上がらないこともあります。

日経テレコンの業界ニュース・業界サマリは、営業や営業支援部門が短時間で一覧できる、業界別のコンパクトなまとめページです。毎朝、チェックしている業界の重要ニュースの情報をメール配信する機能を使えば、手間をかけずに情報の見逃しを防ぐこともできます。また、モバイルアプリやクリップメールを使えば、移動中でも担当業界のニュースを素早く確認し、競合の動きにも目を配ることができます。

商談案件を発掘、リスト作成

商談案件を発掘、リスト作成

BtoBビジネスでは、企業に関する日々のニュースそのものが、商談案件の情報源です。新規事業進出や海外進出といった記事をチェックして、自社の業務支援サービスをいち早く提案するなど、情報入手が早ければ競合に先んじて商談をすすめることができます。

日経テレコンのナビ型記事検索は、企業活動や業種、地域などの分類別に記事を絞り込むことが可能。ピックアップした候補企業の売上高や従業員数、地域を企業情報データベースでチェックすれば、ターゲットリストの優先順位付けもできます。

Page Top