日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-216-216受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

ご利用料金

毎月のご利用料金は、「月額基本料金」と「情報利用料金」の合計となります。
また、新規ご利用申し込みの際に、月額基本料金2ヵ月分の「当初料金」がかかります。

ご利用料金イメージ ご利用料金イメージ

月額基本料金

月額基本料金は、ご契約ID数に応じて決まります。
1IDご契約の場合は月額8,000円( 以下全て税抜) となります。
2ID以上ご利用の場合、月額基本料金は各ID単価の積み上げになります。
複数IDのご契約にはID単価の割引が適用され、ID数が増えるごとに割引幅が大きくなります。

ご契約ID数 基本料金 1IDあたりの単価
1 8,000円 @8,000円
2 15,000円 @7,000円
3 22,000円
4 29,000円
5 36,000円
6 42,000円 @6,000円
7 48,000円
8 54,000円
9 60,000円
10 66,000円
20 126,000円
30 166,000円 @4,000円
50 246,000円
100 396,000円 @3,000円

(計算例) 2IDご利用の場合:8,000円×1 + 7,000円×1 = 15,000円
      6IDご利用の場合:8,000円×1 + 7,000円×4 + 6,000円×1 = 42,000円

※ 101ID以上の月額基本料金については、お問合せ下さい。お見積りいたします。
※ 月額基本料金は、ご利用の有無にかかわらず毎月発生します。
※ 学校法人向け、自治体向けには別料金メニューをご用意しています。お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

情報利用料金

見出し、本文、PDFなど出力した情報の単価と件数に応じて、従量制の情報利用料金がかかります。
単価はコンテンツによって異なります。詳しくは、各メニューの料金一覧(PDF)をご確認下さい。

主なコンテンツの単価(カッコ内は中心価格帯)

見出し 本文 PDF
記事情報
料金一覧(pdf)
無料~40円
(5円~20円)
無料~1,200円
(75円~200円)
無料~2,000円
(100円~400円)
企業情報
料金一覧(pdf)
無料~10円
(無料)
200円~40,000円
(300円~1,600円)
100円~3,000円
(100円~800円)
速報ニュース・きょうの新聞・最新の雑誌
料金一覧(pdf)
無料~5円
(無料)
20円~200円
(20円~200円)
無料~400円
(100円~400円)
人物情報
料金一覧(pdf)
無料
(無料)
300円~400円
(300円~400円)
100円
(100円)
英文情報(English Menu)
料金一覧(pdf)
無料~40円
(5円~20円)
50円~400円
(50円~200円)
100円~1,600円
(100円~1,600円)
専門情報
料金一覧(pdf)
データベースによって料金体系が異なります。月額固定料金制のデータベースもあります。

情報利用料金の例(ある企業について、調査レポートをまとめるために情報収集する場合)

企業の
プロフィルをみる

(1,200円)

「日経会社プロフィル」で事業内容や事業規模など大まかに把握

  • 本文:900円
  • PDF出力:300円

企業の戦略や
動向を把握する

(900円~1,600円)

企業戦略に関するニュース・企業トップのインタビューを確認

  • 見出し20件×3:450円
  • 本文6件:450~1,150円

企業のキー���ーソンを
把握する

(1,300円)

「日経WHO'S WHO」で役員のプロフィル、「日経WHO'S WHO人事異動情報」で最近の人事異動や組織改正を把握

    • 日経WHO'S WHO 2件:700円
    • 日経WHO'S WHO人事異動情報 3件:600円

企業のリスクを
確認する

(2,600円)

「帝国データバンク企業情報」で"評点"を確認、「金融工学研究所企業リスク情報」でリスク度合いを確認

  • 本文:2,600円

合計:6,000 ~ 6,700円

日経テレコン料金表

安心の利用料金管理

安心の利用料金管理イメージ

画面上で、直近3ヵ月分の情報利用料金のご利用履歴が確認できます。直前までの操作について、利用日時、コンテンツの単価・出力件数、月次の合計金額等を表示できるほか、過去2ヵ月分の利用状況をCSV形式でダウンロードすることもできます。

また、ログイン時に用途を識別するための自由な文字列(チャージコード)を入力することで、用途別の利用状況集計が可能です。例えば、社員番号や氏名、チーム名などを入力するようにしておけば、担当者別やプロジェクトごとの利用状況を簡単に把握することができます。

ご契約〜導入の流れ