日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-212-212受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

日経テレコンをコンプライアンスチェックに利用する

2018年1月31日

企業を取り巻く多様なリスクの中には、取引先が法令や規則に違反することで、自社が深刻な打撃を受けるリスクも含まれています。

コーポレートガバナンス報告書の中で日経テレコンを利用したコンプライアンスチェックを明記する企業も多くあります。

新規取引先だけでなく、既存の取引先についても継続的なチェックをされてみてはいかがでしょうか?

日経テレコンをコンプライアンスチェックに利用する

①コンプライアンス観点で取引先をチェック

取引先のリスク調査は、公開情報での調査から専門機関への依頼までさまざまな方法がありますが、多くの企業が新聞記事データベースを使った過去の報道チェックを行っています。
space
日経テレコンは30年分を超える過去記事を収録しており、500超の媒体を一括で検索できます。
取引先の会社名を各社の基準に則ったネガティブキーワードと組み合わせて検索することで、簡単にチェックでき、その検索結果を[クリップメール]に保存すれば、毎日簡単にチェックできます。
space
海外取引においても「日経テレコン+FACTIVA」を使えば海外メディアの記事を使ってチェックすることが可能です。

検索対象が大量のときは「一括記事検索代行サービス」

お客様ご自身で、膨大な件数の検索業務をするのは大変です。

日経テレコンの各代理店で実施している”一括記事検索代行サービス”をご利用になれば、業務効率が大きくアップします。

space
活用事例 A社の場合~取引先の管理体制の業務効率化~
space
A社様は、日経テレコンの記事検索を使って、取引先などのコンプラアンスチェックを毎年実施されておりました。

チェック対象件数が約5,000件と大量なため、検索作業に莫大な時間と労力がかかる点を効率化したい。また、新規と既存の取引先のチェックを社内で定例化させたい。とお考えでした。

space
コンテンツエリア
space
space
<一括記事検索代行サービス実施後>
space
新規取引先に関しては、日経テレコンを利用しその都度チェックし、既存取引先に関しては、年1回の「一括記事検索代行サービス」を利用し検索作業を軽減するなど、業務フローを明確にすることで、管理体制の構築、並びに作業効率化を実現されました。

こちらの記事も是非ご覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
コンテンツ追加や機能追加をいち早くお届け!
メール登録はこちら