日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-216-216受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

ハリマ化成グループ株式会社

ハリマ化成株式会社様

膨大な人事情報を効率よく正確にキャッチアップ
社内のコミュニケーションもより活発に

導入サービス:日経人事ウオッチ Pro

世界11カ国に29の製造拠点を持ち、事業を展開するハリマ化成グループ株式会社様。 松から得られるロジン(松やに)、脂肪酸、テレピン油などの原料を使って化学素材をつくっている。 同社が生み出す素材は、新聞やカタログ、自動車に使われる塗料から、接着剤などの粘着剤、板紙や段ボールなどの紙、自動車などに搭載される電子機器まで様々な製品に役立っているという。 お客様となる企業が多岐にわたる中で、なぜ同社は当サービスを導入されたのか。そのきっかけや効果、今後の展望についてお話を伺った。

企業プロフィール

会社名 ハリマ化成グループ株式会社
本社所在地 東京本社 東京都中央区日本橋3丁目8-4
大阪本社 大阪府大阪市中央区今橋4丁目4-7
設立 1947年11月18日
代表者 代表取締役社長 長谷川 吉弘
従業員数 (連結)1,464名(2016年3月31日現在)
主な事業内容 持株会社としてのグループ経営戦略の策定・推進
樹脂・化成品事業、製紙用薬品事業、電子材料事業を主とする各事業会社の経営管理
URL www.harima.co.jp/index.html
ハリマ化成グループ株式会社

導入のきっかけ

お客様は大手のメーカーが多数。膨大な人事情報をキャッチし、管理することは最重要課題でした

ハリマ化成グループ株式会社
(左)広報グループ長 深井 稔氏
(右)広報グループ 矢野 ゆかり氏

「弊社の広報グループは、広報と宣伝の両方の機能を備えており、一般的な広報業務の他に、Webや広告の管理も行っています。 広報業務の一環で新聞記事を読み込み、自社に関する記事や業界情報、海外情報、さらには他業界や世の中の経済動向に関する重要記事や情報をクリッピングして社内で共有しています。その中に人事に関する異動情報も含まれています」と紹介してくれたのが、広報グループのグループ長を務める深井稔氏。 塗料や紙、電子部品に使われる化学素材を開発しているため、必然的に多種多様なメーカーが、しかも国内外で展開している大手の企業がお客様になっているという。 実際に人事情報や記事のクリッピング、配信作業を担当する同グループの矢野ゆかり氏は、サービス導入前の状況について「事業部によって取引先業界や企業が異なるため、部門ごとに必要な人事情報や記事を配信するのはとても難しい作業でした。 キャッチできる情報源も限られていますので、どうしても漏れが生じてしまうんですよね。また営業メンバーから取引先企業のある特定のキーマンについて広報で調べてほしい、過去半年あるいは1年の異動情報を知りたいといった依頼もあります。 そんな時は過去の情報を調べるんですが、これがなかなか手間でして…」と語っていただいた。

自社で独自の人事データベースを作り、担当を決めて情報更新や管理をしていたものの、常に最新かつ正確な状態を維持するのは難しく、もともと課題意識を持っていたとのこと。 そんな中でいつものようにクリッピングする記事を探して新聞を読んでいたところ、当サービスに関する広告を見つけ、「ひょっとしたらこれは業務に使えるのではないか」と思い立ち、コンタクトをとったのが導入のきっかけだったそうだ。

実は導入を進めるにあたって、社内のある部門で「日経人事ウオッチPro」の前身となるサービス「日経人事ウォッチャー」を導入し、専用PCで人事情報を収集していたことを知ったそうだ。 そこでサービスのメリットや機能なども把握しつつ、一方でWebサービスの「日経人事ウオッチPro」では、事業部や業務の目的ごとに企業リストや配信先を編集できるため、自由度が高く、理想的なサービスであることを実感したという。 結果、全社で「日経人事ウオッチPro」を導入することに至る。

まとめ

  • 大手メーカーともなれば一社だけでも人事情報は膨大。それが数社、数十社とあることで、情報収集や管理の手間は大きな課題となっていた
  • コア業務への集中。人事データベースの管理から解き放たれ、本当にやるべき仕事に専念できるようになった

活用方法

スマートフォンにも配信されることから、外出や出張の多い営業メンバーの貴重な情報源に

導入にあたって、実は今回初めて各事業部から顧客企業リストを入手し、矢野氏主導のもと、「日経人事ウオッチPro」で管理する企業の整理を行ったという。 深井氏も「これまでなかなか更新・管理ができなかったリストも、サービス導入がきっかけとなって最新かつ精緻な状態で管理ができるようになりました」と話す。 また、社員のスマートフォンに配信されることから、出張や外出の多い営業メンバーには大変重宝されているとのこと。 アポイントの当日に発表された人事情報も移動中に確認できるため、打ち合わせの話のネタとしての活用や、商談の質的向上に貢献しているという。
営業メンバーからは、人事情報のみならず、お客様企業や業界に関する記事、関連情報に関してもクリッピングしてほしいというリクエストが増えているという。 さらにこれまで取引のなかった企業を新たに加えてほしいという依頼も。理由を聞くと「これから開拓していきたいので、最新情報や動向を把握しておきたい」とのこと。 3月に新しく追加された印刷機能に関しても、手元で管理したい、自分の年賀状リストに反映したいといった営業ニーズにうまく合致して利用が進んでいるそうだ。

利用イメージ

ハリマ化成株式会社様のご利用サービス

日経人事ウオッチ Pro

取引先の人事を、ビジネスチャンスに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
Page Top