信頼性のあるデータベースを利用して
コンプライアンスチェックを効率化

コンプライアンスチェックはなぜ必要なのか

  • 1.「顧客を知る」ことの重要性

    取引先などに法令を守らない集団や人がいれば、その取引先と関係を持つこと自体が企業にとってもリスクとなるので、取引先を詳しく知る必要があります。

  • 2.企業指針の公表

    2007年6月に犯罪対策閣僚会議幹事会が「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」を公表し、反社会的勢力との関係遮断が求められるようになりました。

記事情報を用いた検索が推奨される理由

取引先のリスク調査は、公知情報での調査から専門機関への依頼までさまざまな方法がありますが、
多くの企業で実施しているのが新聞記事データベースを使った過去の報道チェックです。
新聞は公知情報として真実性にも長けており、
各業界団体などで記事検索の活用を推奨しています。

下記2サービスで、記事情報を用いたコンプライアンスチェックができます。

コンプライアンスチェックのよくある課題


1コンプライアンスチェックの方法が分からない

これで解決!
「日経テレコン」なら、
過去の報道記事からコンプライアンスチェックができます。

Point

  • 1万社以上で利用実績があるため、信頼できる情報を元にコンプライアンスチェックができます。
  • 取引先のネガティブな報道記事から、今後の取引のリスクを確認できます。

利用者の声①

公知情報からの検索が必須となっているため、 1回で多くの新聞・報道媒体から検索できる日経テレコンは重宝しています。

利用者の声②

記事検索だけでなく、企業情報も検索できるので、会社の信用調査と併せてチェックしています。

2国内取引先、海外取引先をワンストップでチェックしたい

これで解決!
「日経リスク&コンプライアンス」なら、
国内・海外の様々な法規制に対応したグローバルなリスク情報をワンストップで確認できます。

Point

  • 暴力団排除条例やマネーロンダリング規制、海外贈賄規制など、国内・海外の法規制に対応できます。
  • ネガティブな報道記事や行政処分情報、Web情報、PEPsリスト、各国制裁リストなど、さまざまな情報から、取引先のリスクを確認できます。

日経リスク&コンプライアンスの詳細はこちら>

利用者の声①

国内取引先だけでなく、海外取引先も一貫したプロセスで確認できるため、より効果的なコンプライアンス体制を構築できました。

利用者の声②

一括検索や証跡管理など、デューデリジェンス業務に不可欠な機能もあって、重宝しています。

3コンプライアンスチェックの業務をアウトソーシング・自動化したい

これで解決!
「販売代理店による検索代行」 または 「貴社システムとの連携による業務自動化」 ができます。

Point

販売代理店による検索作業のアウトソーシング

  • 取引先リストと検索条件を指定するだけで、期日までに検索結果を納品します。

日経テレコンと貴社システムの連携による検索作業の自動化

  • 日経テレコンと貴社サービスを連携して、コンプライアンスチェックを自動で行います。
  • 検索件数が自動で表示され、すばやく多くのチェックを実施できます。

※日経テレコンは契約条項でRPAに代表される自動実行プログラム、ロボット、AI等によるアクセスなど、弊社が明示的に提供していない機能またはインターフェースによるご利用を禁止しています。

利用者の声①

単純な検索作業を自動化することで、別の業務に注力することができた。

利用者の声②

検索結果の確認のみでいいので、作業時間が短縮できた。

コンプライアンスチェック業務にお困り方は、お気軽にお問い合わせください。
適切なソリューションをご紹介いたします。

Page Top