日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-216-216受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

日本経済新聞朝刊/夕刊 の 提供開始時刻を前倒しします。

2017年5月9日

「日経テレコン」など法人向けの各サービスで提供中の「日本経済新聞朝刊・夕刊」について、当日の新聞の提供開始時刻を早めます。
いままでよりさらに早く、朝刊は早朝5時20分、夕刊は15時30分から当日の新聞がテキスト・紙面イメージ(PDF)ともに閲覧できるようになります。

提供開始時刻 (従来の時刻)
日本経済新聞朝刊 テキスト 5:20 6:00
紙面イメージPDF 5:20 7:20
日本経済新聞夕刊 テキスト 14:45 14:45
紙面イメージPDF 15:30 17:20

 

活用シーン

①取引先・自社掲載記事の確認が早くなります

朝刊は早朝5時20分、夕刊は14時45分(紙面イメージPDFは15時30分)から記事を検索できます。

②記事クリッピング業務が大幅に前倒しできます

欠かすことのできない記事クリッピング業務も、朝刊分は早朝から、夕刊分は当日の業務時間内に行うことができます。

③紙面イメージ(PDF)での記事確認

紙面イメージ(PDF)の提供が朝夕それぞれ約2時間早まるので、必要な記事の扱いなども早期に確認できます。

サービスの詳細

日経テレコン

サービスの紹介はこちらをご覧ください。

◇「きょうの新聞」「マイフォルダ」

提供開始時刻どおりにサービスに掲載します。

◇「クリップメール」

下記にチェックを入れると、提供開始時刻直後にメールを配信します。クリックして記事をチェックすると、紙面イメージ(PDF)もご覧いただけます。

クリップメールの詳細はこちら

日経スマートクリップ(旧:ナレッジパスポート)

サービスの紹介はこちらをご覧ください。

設定を変更し、配信時刻を5:25以降に設定すると、朝刊記事の紙面イメージ(PDF)もご覧いただけます。夕刊記事の配信も15:30以降で紙面イメージ(PDF)をごらんいただけます。

 

 

日経人事ウオッチ Pro

サービスの紹介はこちらをご覧ください。

「日本経済新聞朝刊/夕刊」記事からの異動情報について、従来より早い時刻に配信設定することができます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
Page Top