日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-216-216受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

AIにより発表後わずか3分程度で自動生成!
「決算サマリーVisual」日経テレコンで提供開始

2017年10月13日

弊社の人工知能(以下AI)を使って決算の要旨を完全自動で文章配信する「決算サマリー」サービスを刷新し、ビジュアル版である「決算サマリーVisual」をリリースいたしました。

AIが、発表された決算短信にとどまらず、日経の経済データベース「NEEDS」に蓄積した膨大なデータから投資に必要な情報を抽出。会社発表後わずか3分程度で図解形式のレポートに作成してお届けします。前回発表との変化や業績の達成率がひとめでわかるほか、過去の業績推移や売り上げ変動要因など掘り下げた財務情報も一覧できます。まず、投資情報サイト「日経会社情報PREMIUM」および会員制情報サービス「日経テレコン」のコンテンツとして配信します。

決算サマリーVisualとは

決算サマリーVisualは、適時開示情報サイトで公表された決算短信をAIが読み取り、売上高や損益のポイント、計画に対する業績の進捗率、収益・配当見通しのほか、増減収の要因分析、同業他社との比較などをグラフや一覧表で示します。全上場企業約3,600社の大半をカバーし、決算発表後わずか3分程度で文章・図表を作成、サービスを通じてお客様に提供いたします。

ビジュアル版は、決算短信や日経が保有する膨大な経済データから特に投資に必要な部分をピックアップし、短時間でかつ漏れなく、そしてわかりやすく読み解けるように加工したものです。

特長

●難解な財務諸表が、わかりやすいコンパクトなレポートに

●主要な財務情報をカラフルなグラフィック表示。推移や変化をひとめで俯瞰

●業績修正の根拠となる進捗率や配当見通しなど特に知りたい情報にフォーカス

●セグメント情報、過去~現在の増減収要因など経営戦略や成長シナリオを解読

●同業他社や類似企業を一覧、比較が容易に

決算サマリーVisualの活用シーン

経営計画の軌道修正や見直しの材料に

経営計画の策定や推進においては、同業他社の状況はもちろん、主要顧客や大口調達元の動向や経営状況の把握が重要です。
決算サマリーVisualでそれらの動向や変化をこまめに迅速にキャッチすることで、計画の軌道修正や見直しを的確且つ機動的に進めることが出来ます。

アカウントプランの策定や取引先管理における情報補完に

既存アカウントの経営状況のこまめなチェックだけでなく、ターゲット業種における新たなアプローチ候補の探索にもご活用いただけます。
もちろん、取引における与信など経済的なリスクをこまめに、効率的に計るための情報源としても有効です。

日経テレコンでのご利用

「ニュース」メニューから

決算発表を受けて自動生成された「決算サマリーVisual」が逐次更新されます。最新の情報はこちらから取得することが出来ます。

「記事検索」メニューから

「決算サマリーVisual」は今後日経テレコンでデータを蓄積してまいります。「記事検索」では最新だけでなく過去も含めて広く検索できるため、企業単位の推移を追ったり、”特別損失”など特定条件で抽出したりすることができます。

プレスリリース・関連リンク

●プレスリリース
http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/news/press/425.html

●決算サマリーについて
http://pr.nikkei.com/qreports-ai/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
Page Top