日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス

0120-216-216受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

【教えて日経テレコン】
ヒット件数推移を対外資料に記載する際の留意点

2017年9月15日

日経テレコンで調べた「特定キーワードのメディア露出件数推移」などを、提案資料など対外ドキュメントにグラフにして掲載するケースがあるかと思います。その際の、「著作権の問題は…?」「使うときのルールは?」など、気になる部分について解説いたします。

検索件数引用のルールを守って使おう

■検索件数引用のルールを知る

検索結果の件数結果のみ、弊社確認の下、提案資料等への情報二次利用が可能です。
space
日経テレコンでは、見出しや本文などの情報二次利用はお断りしおります。

資料などへの転用時には、以下のようなルールがあります。

日経テレコンのご利用であること、検索条件(キーワード、期間、対象媒体など)、検索実施日を明記しいただく。
・媒体ごとの件数を明記する場合、日経各紙以外についは媒体各社の了承を得る必要がある為、媒体ごとの件数表示は控えいただく。
・制作物を公開前に以下にお送りいただき、上記の観点で問題があれば、弊社の修正要望に応じいただく。

日経テレコンの著作権ルールを知る

こちらを参照してください。

 

著作権フリーの記事社内共有を実現する日経のサービス

社内での記事や検索結果の共有は「日経スマートクリップ」や「日経電子版Pro」が便利です。

記事クリッピング専用ツール「日経スマートクリップ」

日経スマートクリップは新聞記事を自動でクリッピングし配信する、社内情報共有サービスです。日経各紙はもちろん、全国各地域の新聞や業界紙など100紙以上をご利用いただけます。

 

日経スマートクリップ」で著作権フリーの記事社内共有を実現

法人契約の日経電子版「日経電子版Pro」

日経電子版の記事をチーム・グループで共有するなら、法人向けの「日経電子版Pro」が便利です。「シェア・グループ」機能で電子版会員でないチームのメンバーにも、手軽に記事をシェアできます。

この秋にはキーワードや企業・業界を登録すればヒットした記事をチーム・グループえ受け取ることが出来る機能も追加される予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
Page Top