0120-216-216

受付時間 9:30~17:30 (土・日・祝日除く)

デジタル記事利用許諾

テレワークが急速に広まり、既存のクリッピング業務のデジタル化に関するお問い合わせが増えています。

デジタル記事利用許諾を契約いただくと、あらかじめご申告いただいた閲覧人数や記事本数の範囲内で、切り抜いた記事をイントラネット掲載や電子メール送付などの方法で社内・組織内の関係者と共有することができます。

これまで新聞記事の切り抜きをコピーし、紙で社内・組織内に配付していた作業を「デジタル」に切り替えたい、というご要望にお応えします。

デジタル記事利用許諾 
3つのポイント

  • 1

    共有したい記事を自ら選択

    自社のビジネスに関連するニュースを会社独自の視点からピックアップし、業務に役立てることができます。社内で蓄積してきた記事選定のノウハウを活かすことも可能です。

  • 2

    クリッピング記事の「回覧・閲覧・共有」が便利に

    社内の共有フォルダやポータルサイト上、メール添付など、ご要望の形態にあわせて社内の関係者に電子ファイル形式で記事を共有することが可能です。紙のコピーや配付の手間が省けます。

  • 3

    日々の許諾申請が不要

    利用範囲を最初に申請いただくため、ご利用の都度、許諾を得る必要がありません。対象は日経が著作権を持つ記事です。

よくある質問

日経スマートクリップとデジタル記事利用許諾の違いを教えてください。
日経スマートクリップは、システムに登録したキーワードをもとに記事を自動でクリッピングし配信するサービスに対し、 デジタル記事利用許諾は、記事を自身で選択し、一時的に、記事PDFを社内フォルダなどで共有することを許諾するものです。キーワードでは抜け漏れに不安があったり、日々共有したい記事が変わったりする場合には、デジタル利用許諾をお勧めしています。
どのくらいの期間、記事PDFを保持することが可能ですか。
1週間~1ヶ月です。期間によって料金が異なりますので詳細はお問い合わせください。
毎月、クリッピングする記事の本数にバラつきがあります。本数の申告方法を教えてください。
月間で共有する対象記事数の上限をお決めいただき、ご申告いただきます。
特定の記事のみ共有したい場合は、どうしたら良いですか。
特定の記事を対象に、ウェブサイトやメールでお知らせする(ウェブ閲覧)など、様々な提供方法に対応した都度利用のサービスもございます。詳しくは、こちらにお問い合わせください。
https://reprint.nikkei.co.jp/index.html