0120-216-216

受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日除く)

課題解決solution

クリッピング・情報共有での主な課題

  • 情報収集は個人の裁量への依存度が高く、社員の情報感度に大きなバラツキがある。
  • 記事スクラップは手間がかかる上に早朝作業で大変。回付先の評価もイマイチ。
  • スクラップ記事の利用についてコンプライアンス遵守(著作権対応)できているか不安。

日経スマートクリップで全て解決できます!

  • 重要記事を全員で同時刻に共有、情報感度の強化、底上げに貢献します。
  • 簡単設定で記事を自動抽出・配信。業務負担を大きく減らします。
  • 新聞社が利用許諾したサービスで、著作権をクリアした安心の記事活用を実現します。

クリッピング・情報共有で部門ごとに抱える課題

  • 広報担当者

    自社競合他社の記事を
    朝イチでチェックしたい

    切り抜き記事の回覧は周知に時間がかかる一方で、
    職制や職務ごとのニーズにきめ細かく応えられていない。

    日経スマートクリップで解決

    職制や職務ごとに適したクリッピングテーマを設定し毎朝自動でメール配信。各所に朝イチで最適な記事配信ができます。記事の絞込みや個別追加も可能、ご担当者の「目利き力」も活かせます。

  • 営業担当者

    外出先でも取引先の重要なニュースは
    漏らさず簡単にチェックしたい

    時間が無い中で新聞から情報をチェックするのは大変で
    限界がある。社内で記事スクラップが回ってくることがあるが、
    届くのが遅い上にどういった意味があるのか不明。

    日経スマートクリップで解決

    取引先や業界・競合のニュースを記事の大小によらず重要度で選択して自動配信。場所を問わず、作業負担なく情報収集できます。

  • マーケティング担当者

    市場の変化やビジネスの種を効果的に社内に伝えたい

    適宜勉強会などを開催するも関心が集まらず、
    外出などで出席率も上がらない。社内メール等で定期的に
    情報提供しているが、負担が大きい一方で、読まれているのか、
    また評価されているのかがわからない。

    日経スマートクリップで解決

    業界や市場の動向、新ビジネスや新技術など、テーマごとの最新記事を自動で各部門や経営層にも同時配信。市場理解のベースアップに貢献します。配信記事の利用状況もモニタリングできます。

  • 総務・IT担当者

    社内の情報インフラを強化、社員の情報力を高めたい。

    社内ポータルで情報力強化を進めているがなかなか利用が
    定着しない。社内報をデジタル化、スクラップ記事の掲載も
    始めて人気だが個別の利用許諾手続きの手間が大きな負担。

    日経スマートクリップで解決

    毎日更新される業務直結のニュース配信機能の追加で、社内ポータルや業務システムのアクセス定着を後押しします。利用許諾の個別手続きも不要、著作権侵害の不安無く安心です。専用APIを使って貴社システムとの連携カスタマイズも可能です。